【CCT2018ブースレポート】PHILIPS「SyncVision」

SyncVision

同製品はイメージングやPhysiologyの課題に対応するようにデザインされた総合的なソリューションである。主な特長として、血管造影画像上にIVUSおよびPhysiologyに関する情報を示すガイダンスとマッピングが挙げられる。iFR計測データと血管造影を同期することにより虚血病変の部位を明確にすることで、よりわかりやすく直感的な操作で正確な治療提供をサポートし、適切なPCI戦略が立てられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です