アドバンスト・メディア、厚労省「 販売情報提供活動新ガイドライン」に対応した製薬業界に特化したAI音声認識エンジンを強化~MRの業務効率化を実現する充実した音声入力ソリューションを拡充

 株式会社アドバンスト・メディア(以下、アドバンスト・メディア)は、製薬業界向けのAI音声認識エンジンAmiVoiceを強化した。業界特化のAI音声認識エンジンを使用する事で、業界用語や専門用語に対しても高い認識率を実現する。
 2019年4月厚生労働省より「医療品医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」の順次適用が開始された。これにより、口頭での説明等を含む、MR(医療情報担当者)の販売情報提供活動における業務記録の作成と適切な保管が求められている。
 アドバンスト・メディアでは、より徹底した管理体制が求められるMRの販売情報提供活動をサポートすべく、迅速かつ正確な情報記録を実現するAI音声認識ソリューションを多数提案する。音声認識を用いれば、タッチ入力の約3倍の速さで入力ができ、情報の質的・量的向上に貢献する。

タッチ入力と音声入力(AmiVoice)の比較

※当社調べ ※発話数246文字 ※間違った個所を修正する時間を含む。

 製薬業界に特化した最新の音声認識エンジンによって高い認識率を誇るだけでなく、企業や業務ごとにチューニング・カスタマイズが可能で、更に認識率を引き上げる事ができる。
 クラウド・ローカル・オンプレミスと運用に応じて、最適な利用形態をお選びいただける。また、各OSに対応しており、既存アプリケーションへの組み込み開発も可能だ。

 新ガイドラインに対応した業務支援ツールとして、製薬企業各社への導入が広がっており、多くのお引き合いをいただいている。

【営業日報・業務報告向け音声入力ソリューション】
 アプリをインストールするだけで、入力フィールドを問わず音声入力が可能である。話した内容をそのままSFA・CRM等に入力できるので、車内等で気軽に素早く日報を作成し、各営業先での会話を忘れないうちにしっかりと記録する事ができる。

iOS版 音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx」
 インストールだけですぐに使えるiOS版音声入力カスタムキーボードアプリだ。アプリケーションを問わず、マイクに向かって話すだけで簡単に業務記録を作成できる。ローカル認識版もご用意しており、オフライン環境下や、社外サーバーを利用できないお客様にもお使いいただける。
https://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-sbx-2

<導入事例:第一三共エスファ株式会社様>
https://www.advanced-media.co.jp/products/casestudy/14437

Android版 音声認識システム「AmiVoice Keyboard for Android」
 入力場所を問わず、声によるテキスト入力を可能にするAndroid端末向け音声認識ソフトウェア。入力フィールドを問わず音声入力可能で、クラウド上に送られた音声データを高速・高精度で認識する。
https://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-keyboard-for-android-2

営業日報・業務報告向け Windows版音声入力ソフト「AmiVoice Ex7 Business」
 話した内容をそのまま SFA・ CRM等に入力できる Windows向け日報作成支援ツールだ。車内等で気軽に、素早く声で日報を作成できる為、各営業先での会話を、忘れないうちにしっかりと記録する事が可能である。
https://www.advanced-media.co.jp/products/service/amivoice-ex7-business

お問い合わせ
株式会社アドバンスト・メディアSTF事業部
TEL:03-5958-1522
https://www.advanced-media.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です