アボット、日本で新型コロナウイルスの抗体検査用試薬を研 究用途として販売開始

*本製品は、日本全国の病院や検査室で導入されているアボットの全自動分析装置ARCHITECT®アナライザーで使用するための検査試薬である。
*アボットは、抗体検査を含む診断薬・機器領域における世界的リーダーであり、新型コロナウイルスの検査試薬を欧米において既に複数、発売している。

 2020年5月8日―アボットジャパン合同会社は本日、新型コロナウイルス感染症の抗体検査用の研究用試薬を販売開始したことを発表した。本製品は、新型コロナウイルス感染の既往を評価する、IgG抗体検出用の血清検査試薬だ。日本全国の病院や検査室で導入されているアボットの全自動分析装置ARCHITECT® アナライザーi1000SRおよびARCHITECT®アナライザーi2000SR*で使用できる。
 今回の販売開始は研究用途に限定したもので、製造販売承認に基づくものではない。本製品は、新型コロナウイルス感染症に対する最前線において、ウイルスを理解し、抗体検査の日本の医療における役割を明確化するために取り組んでいる、日本全国の主要な病院や検査室で使用される。また、アボットでは、早期の製造販売申請ならびに承認に向けて、関係当局と緊密に連携している。
 PCR検査が感染の有無を調べるのに対して、抗体検査は感染の既往を調べている。アボットのSARS-CoV-2 IgG抗体検査は、血液中のIgG抗体を検出する。一般的にIgG抗体は、ウイルスの感染後期に体内で産生されるタンパク質で、回復してから数か月、場合によっては数年間、体内に持続する。なお、本製品は米国食品医薬品局(FDA)より緊急使用許可を、欧州連合よりCEマークを取得している。
 アボットジャパンの代表執行役員社長である天野 総太郎は、次のように述べている。「抗体検査により、新型コロナウイルス感染症について未だ解明されていない多くの情報が得られる可能性があります。私たちアボットは、診断薬・機器の世界的リーダーとして、新型コロナウイルス感染症と闘っている日本の医療に検査の領域で貢献し、新型コロナウイルス感染症に対する新たな検査試薬を一日でも早くお届けしたいと考えています。」

*ARCHITECT® アナライザー i1000SR(医療機器 届出番号 12B1X00001000005)
*
* ARCHITECT® アナライザー i2000SR(医療機器 届出番号 12B1X00001000004)

●お問い合わせ
アボットジャパン合同会社
URL https://www.abbott.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です