エー・アンド・デイとタニタ、健康計測機器分野で業務提携

Share (facebook)

両社の強みを生かした付加価値の高い商品・サービスを創出し、競争力強化

 計測・計量機器、医療機器などを手掛ける(株)エー・アンド・デイ(以下、エー・アンド・デイ)と健康総合企業の(株)タニタ(以下、タニタ)は、健康計測機器分野で業務提携した。エー・アンド・デイの強みである血圧計を主体とした医療領域の技術・商品と、タニタの強みである未病・予防領域の技術・商品を相互に活用することで付加価値の高い新商品・新サービスを創出し、両社のヘルスケア事業の拡大を図る。具体的には、エー・アンド・デイの業務用血圧計をタニタに、タニタの業務用自動身長計付体組成計をエー・アンド・デイにOEM(相手先ブランドによる生産)供給。特にタニタが保有する体組成計測の中核技術である「タニタアルゴリズム」をエー・アンド・デイに提供し、対象となる両社の機器の相互連携を実現する。これにより新商品の開発スピードを加速させるとともに、両社が強みを持つ領域での品ぞろえの拡大を図る。こうした連携はヘルスケア業界で初の試みとなるだけでなく、体組成計測技術の標準化に向けた第一歩として市場へ大きなインパクトを与えると期待している。

 ヘルスケア業界では、将来の市場拡大を狙い様々な業種が参入し構造改革が進んでいる。今回の業務提携は、こうした構造変革を先取りし市場での競争力を高めるのが狙いである。その取り組みの一つがエー・アンド・デイが商品化を進めている家庭用体組成計「UC-421BLE」です。「タニタアルゴリズム」を初めて搭載し、今夏に発売する。これまで、体組成計はメーカーごとに独自のアルゴリズムを搭載していることから、「体脂肪率」や「筋肉量」などの計測数値がメーカーごとに異なっていた。こうしたメーカー主導の考え方はユーザーの利便性を低下させるだけでなく、医療・健康データを一元管理するデータヘルスを推進する上でも障害となる。共通のアルゴリズムを搭載した体組成計を両社で販売していくことでこれらの課題を解決するとともに、体組成計測における日本発の技術標準を確立し、国際競争力を高められると考えている。このほか、相互にOEM供給する新商品として、エー・アンド・デイの自動身長計付き体組成計「AD-6551」を3月に、タニタの業務用血圧計「BP-910」を7月に発売し、両社の商品ラインナップを拡充していく。

 「人生100年時代」といわれる今日、生活者の健康意識の高まりを背景にヘルスケア市場が拡大している。経済産業省はヘルスケア産業の市場規模が2016年の約25兆円から、2025年には約33兆円にまで成長すると予測している。これに伴い、ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)をはじめさまざまな分野から新規のプレーヤーが参入するなど、競争が激化。産業構造自体も大きなパラダイムシフトを起こしている。
 また、わが国は2025年に団塊の世代すべてが75歳以上の後期高齢者となるなど、世界に先駆けて超高齢社会を迎える高齢化先進国である。日本が直面している健康寿命の延伸や社会保障費の抑制といった社会課題の解決に寄与する健康ソリューションは、海外市場へのアプローチにおいて強力なカードになるとみている。両社では、今回の業務提携により両社の強みを生かした付加価値の高い商品・サービスを展開することで、競争優位性を高めていきたいと考えている。
 
 
※タニタアルゴリズム
 現在普及している家庭用体組成計の多くは生体インピーダンス(BIA)法という計測技術を用いている。BIA法は、からだに微弱な電流を流し、その電気抵抗値と体重、身長、性別、年齢などから統計学的な回帰分析を行い、体脂肪率や筋肉量などの体組成を推定する。この回帰分析を行う計算式がアルゴリズムである。体組成計の計測精度を司る中核技術といえ、メーカーごとに独自に開発している。「タニタアルゴリズム」は、タニタが1992年に世界初の乗るだけで計測できる体脂肪計を発売して以来、国内外合わせて1万5000件以上の生体データを収集して開発したアルゴリズムである。体組成計測のゴールドスタンダードと高い相関を実現していく。医療現場でも活用されており、累計で200件を超える学会発表論文でも採用されている。
 
 
参考資料①
・通信機能付き家庭用体組成計「UC-421BLE」

 エー・アンド・デイが発売する通信機能付き家庭用体組成計「UC-421BLE」は計測結果をブルートゥースでスマートフォンに転送し、対応アプリで手軽に管理できるのが特徴である。今回、業務提携した株式会社タニタの体組成計測アルゴリズムを搭載し、高精度の計測を実現しました。体組成計の初期設定はスマートフォンで簡単に行え、設定後は乗るだけでユーザーを自動で認識して計測を開始する。スマートフォンに転送された計測結果は対応する健康管理アプリケーション「A&D Connect Smart」で確認できる。エー・アンド・デイが販売する血圧計や活動量計などIoT健康機器と合わせて利用することで、幅広くホームヘルスケアに活用できる。価格はオープン。今夏の発売を予定している。

■家庭用体組成計「UC-421BLE」商品概要
計測項目:体重(最小表示50g)、体脂肪率(判定付き)、筋肉量(同)
内臓脂肪レベル(同)、推定骨量(同)、基礎代謝量(同)、体内年齢、
体水分率、BMI(判定付き)
本体表示項目:体重、体脂肪率
※健康管理アプリケーション「A&D Connect Smart」上に
その他の項目は表示される。
サイズ:幅330mm×奥行き330mm×高さ40mm
登録人数:5人(計測時に異なるLEDカラーで分かりやすく表示)
記録回数:30回分(登録1人につき)
電源:単3アルカリ電池4本

※ブルートゥースは、Bluetooth SIG, inc.の登録商標です。
 
 
参考資料②
自動身長計付き体組成計「AD-6551」

 エー・アンド・デイが発売する自動身長計付き体組成計「AD-6551」は、身長と体組成を同時に高速で計測する施設向け商品。計測時間は約10秒で、素早くはかることができるため、受診者の負担を軽減でき、円滑な施設運営に貢献する。今回、業務提携する株式会社タニタによる体組成計測アルゴリズムを搭載することで、精度の高いパフォーマンスを発揮できるようにした。計測したデータは搭載するサーマルプリンターで印刷できるほか、USBケーブルやRS-232C ケーブルによる出力が可能で医療機関や健診機関のシステムに連携することができる。価格は130万円(税別)で、3月の発売を予定。

■自動身長計付き体組成計「AD-6551」商品概要
計測項目:身長、体重(最大計量200kg、最小表示100g)、体脂肪率、脂肪量、
除脂肪量、体水分量、体水分率、基礎代謝量、BMI、標準体重、肥満度、
筋肉量、推定骨量、内臓脂肪レベル、脚部筋肉量点数、体型判定、
全身筋肉スコア、基礎代謝判定、体脂肪標準範囲、ローレル指数
※体重は証明用に使用可能
サイズ:本体 幅360mm×高さ1493-2300mm×奥行き689mm
コントローラー 幅290mm×高さ75mm×奥行き203mm
重さ:29.1kg
電源:AC100V(50/60Hz)
 
 
参考資料③
全自動血圧「BP-910」

 タニタが発売する全自動血圧計「BP-910」はコンパクトな業務用血圧計。左右いずれの腕でも測定ができるほか、施設向けの血圧計としては軽量でコンパクトサイズとなっており、限られたスペースでも設置が可能。フィットネスクラブや健康経営に取り組む企業、自治体などをターゲットに販売する。カラーはブラック。フィットネスクラブやオフィスなどに調和するスマートなデザインに仕上げた。価格は35万円(税別)、7月に発売。

■タニタ全自動血圧計BP-910
測定方式:オシロメトリック方式
表示範囲:圧力0-99mmHg、脈拍30-20拍/分
サイズ:幅241mm×奥行き390mm×高さ324mm(突起部を含まず)
重さ:約5.5kg
印字:サーマルプリント方式58mm(専用紙)
外部出力:RS-232準拠1ch(注文時オプションにて1ch増設可能)
電源:AC100-240V(50/60Hz)
 
 
●お問い合わせ
株式会社エー・アンド・デイ
URL:https://www.aandd.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です