キヤノンメディカルシステムズ、被ばく線量を見える化し、線量情報を分析・管理できるワークステーション DoseXrossの販売開始

2019年2月18日
 キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、線量管理ワークステーションDoseXross(ドーズクロス)の国内販売を本日より開始する。

 キヤノンメディカルシステムズは患者中心の医療の実現に向け、検査時の患者負担を低減するための技術開発を進めている。特に近年、医療被ばくへの関心が高まる中、当社ではAIを活用して線量を大幅に低減しながら画質を向上させる技術や、患者さんだけでなく医療従事者の被ばくを低減させる技術など、様々な被ばく低減技術を開発している。

 一方、平成30年度の診療報酬改定では画像診断管理加算3が新設され、さらに医療放射線に関する省令改正について検討されるなど、医療放射線の適正管理に対する対応が求められている。こうした背景を受け、キヤノンメディカルシステムズでは、院内のCTやアンギオなどX線画像診断システムの情報を収集して分析・管理できるDoseXrossを開発した。被ばく量を見える化することで、最適な線量管理、装置稼働状況を分析し、さらに患者一人ひとりの線量管理が可能となる。医療放射線を適正に管理することで、安心・安全な医療を提供していく。

新製品の主な特徴
1. 視認性の高いユーザーインターフェース
院内のCTやアンギオ等各システムの線量管理や稼働状況、また、患者一人ひとりの検査履歴や線量傾向をグラフィカルに表示し、閾値を超えた情報を直感的に把握することができる。

2. 詳細な管理と明示的な分析
撮影プロトコル、撮影プロトコルグループ、撮影部位、撮影部位グループ、技師毎、装置毎など統
計ができ、様々な分析が行える。

3. 放射線科を熟知したワークフロー
装置、あるいは画像サーバから線量レポート(RDSR:Radiation Dose Structured Reports)
を送信することでそのまま線量情報が登録される。もしくはDICOM SC(Secondary Capture)
形式で線量情報画像を送信すると、OCR 機能によりテキスト読み取りができるので、手入力作業が
削減できる。

●お問い合わせ先

キヤノンメディカルシステムズ株式会社公式WEB
https://jp.medical.canon/

キヤノンメディカルシステムズ広報室 江野
0287-26-5100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です