キヤノンメディカシステムズとファインデックス、商品基本取引契約の締結

2019年2月18日
キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口 登志夫)は、株式会社ファインデックス(本社:東京都港区、社長:相原 輝夫 以下、ファインテックス社)との間で、本日、商品基本取引契約(以下、本契約)を締結を発表した。

キヤノンメディカルシステムズとファインデックスは、技術が日進月歩で進化する医療業界にあって、互いの強みをもって補完しあうことでより大きなシナジーを得るべく、2018年1月26日に業務提携における基本的な合意文書を締結。今般、当該基本合意に基づき、製品の補完範囲や連携に係る今後の方針等について詳細な事項の合意に至り、本契約を締結した。

本契約では、ファインデックス社の内視鏡システム及び生理システムと当社の医療用画像管理システム(PACS)とを連携させ、病院の規模の大小を問わず、互いの製品を販売していくことで合意。これにより両社は、院内で実施される全ての検査結果を管理する仕組みを、ワンストップで提供できる。

今後は、本契約を通じて製品開発を加速させ、あらゆる規模の医療機関に対して医療現場が抱える様々な課題を解決するオールインワンのソリューションを提供していくことで、医療に貢献していくこととなる。

●お問い合わせ先

キヤノンメディカシステムズ公式WEBサイト
https://jp.medical.canon/

株式会社ファインデックス公式WEBサイト
https://findex.co.jp/

キヤノンメディカルシステムズ株式会社 広報室 江野
0287-26-5100

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です