キヤノンメディカルによるAZEの吸収合併・事業統合について

 キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 代表取締役社長:瀧口 登志夫、以下キヤノンメディカル)と、子会社である株式会社AZE(本社:神奈川県川崎市 代表取締役社長:奥野 太郎、以下AZE)とは、キヤノンメディカルがAZEを吸収合併することによりAZEの事業をキヤノンメディカルに統合することで合意し、2020年1月から新たな体制で事業を継続してまいります。
 AZEは、医用画像解析システムの企画・開発・販売・サービスを行っており、「VirtualPlace」など、独自の解析機能を搭載したマルチモダリティ対応の医用画像解析ワークステーションは、国内顧客を中心に高い評価をいただいております。
 キヤノンメディカルは、画像診断装置をコアに、ヘルスケアITソリューション事業や体外診断事業への領域拡大を図り、キヤノンのメディカル事業主軸としての事業の強化・拡大を図っています。
 今後は両社の持つ技術・リソースを融合させ、シナジー効果を生み出すことで、お客様へより魅力的な製品とサービスを提供してまいります。
 キヤノンは、新たな成長を目指した事業ポートフォリオの見直しを図っており、新規事業の一つであるメディカル事業のさらなる発展のため、2016年にキヤノングループ入りしたキヤノンメディカルを中心にグローバルに事業再編を進めています。
 今回のキヤノンメディカルによるAZE事業の吸収合併は、メディカル事業再編の一環であり、今後も事業の補完・強化を進め、キヤノングループ全体でメディカル事業の強化・拡大を実現してまいります。

AZEについて
 株式会社AZEは医用画像解析システムの企画や開発、並びに販売及びサービスの提供に取り組んでいます。
 当社は、その時代の医療ニーズに合わせた製品ソリューションを多数用意し、臨床現場のサポートを通じて、社会に貢献しています。
株式会社AZE ホームページ:http://www.aze.co.jp/

キヤノンメディカルシステムズについて
 当社は、疾病の早期診断、早期治療のためCT、MRI、超音波診断装置、X線診断装置などの画像診断装置や体外診断装置、ヘルスケアITソリューションを開発、製造し、世界150以上の国や地域に提供しています。当社の経営スローガンである「Made for Life」(患者さんのために、あなたのために、そしてともに歩むために)のもと、病院経営に貢献し、患者さんに優しい医療システム・サービスをお届けし、これからも変わらず医療に貢献してまいります。
キャノンメディカルシステムズ株式会社 ホームページ:https://jp.medical.canon/

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
https://jp.medical.canon/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です