キヤノンメディカルシステムズ、米国「フェムトDx社」への出資を完了

 キヤノンメディカルシステムズ(株)(以下、キヤノンメディカルシステムズ)は、米国のFemtoDx, Inc.(以下、フェムトDx社)との間で同社株式の一部をキヤノンメディカルシステムズが取得することで合意し、株式売買に関する契約に基づき、出資を完了した。

 キヤノンメディカルシステムズは、画像診断システムをコア事業に、ヘルスケアIT事業とバイオサイエンス事業へと領域を拡大し、事業成長に取り組んでいる。フェムトDx社(https://femtodx.com/)は、POCT※1関連技術の研究開発型企業である。在宅患者の心不全や脳卒中の兆候を、複数の要因分析にAI技術も活用し、その病態変化の前に携帯デバイスで通知する診断方法の研究開発を推進していく。
 今後は、本出資を通じてさらなる事業の成長を図り、医療への貢献を目指す。

※1 Point Of Care Testing

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
URL:https://jp.medical.canon/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です