キヤノンメディカルシステムズ、R-Pharm社と ロシア・CIS地域における機器販売・サービス保守事業の合弁事業開始に合意

キヤノンメディカルシステムズ(株)(以下、キヤノンメディカル)は、ロシア ヘルスケア大手であるR-Pharm Holding, LLC(以下、R-Pharm社)と、ロシアを含むCIS諸国9か国(注1)におけるキヤノン製医用画像診断装置の販売およびサービス保守事業を目的とした合弁会社をロシア・モスクワに設立し、合弁事業を展開することに合意した。今後、全ての必要な規制のクリアランスを得られた後に合弁会社における事業を開始する。

 昨年2019年6月29日(土)G20大阪サミットにて日露両首脳の面前で、キヤノンメディカルとR-Pharm社はロシア国内におけるキヤノン製医用画像診断装置の販売および、将来的な現地生産までを視野に入れた枠組み同意書を締結し、今回の合弁会社設立に向けた協議を進めてきた。キヤノンメディカルおよびR-Pharmは、この合弁事業開始を皮切りに現地製造実現に向けて引き続き邁進していく所存である。
 今回の合意について、キヤノンメディカルシステムズ(株)代表取締役社長 瀧口は「R-Pharm社というロシアヘルスケア市場のリーダーを担う一社である現地企業と対等なパートナーシップのもと、戦略的事業運営により、CIS医療のさらなる発展に貢献すると同時に、日露経済協力に寄与することを大変嬉しく思います」と語っている。
 R-Pharm会長のレピック氏は「まず、パートナーの多大な信頼に感謝しております。キヤノンメディカルの先進的な製品サービスメンテナンスを取り扱う合弁会社の設立は、我が国にとって素晴らしい出来事です。この大きな一歩がロシアと日本の二国間関係をさらに強化することは間違いありません。この合意によって、我々としてもロシア国家プロジェクトで掲げられているような目標を達成させるための全ての手段をロシアのヘルスケアシステムに提供できるようになり、早期の疾患検出率を高め、循環器疾患等の疾病による死亡率を下げることに貢献できることになるでしょう」と語っている。
 合弁事業を開始することで、R-Pharm社と共にロシアを含むCIS地域におけるキヤノン製画像診断装置の販売・サービス保守事業のさらなる強化を図り、より質の高い、より効率の良い医療の実現を目指す。

合弁会社の概要
会社名︓RP Canon Medical Systems, LLC (露名: OOO «АрПи Канон Медикал Системз»)
所在地︓ロシア連邦 モスクワ州 モスクワ市
合弁事業開始︓2020年7月(予定)
資本金︓800万ルーブル、約12億円(予定)
出資比率︓キヤノンメディカル50%; R-Pharm社 50%
代表者︓キヤノンメディカルと、R-Pharm社より1名ずつ派遣予定
事業内容︓画像診断装置の販売およびサービス保守

(注1)9か国: ロシア、カザフスタン、ベラルーシ、キルギスタン、アルメニア、アゼルバイジャン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
URL https://jp.medical.canon/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です