キヤノンメディカルシステムズ株式会社、アルゼンチンのブエノスアイレス市に、Ichiban S.A. de Inversionとの間で合弁会社Canon Medical Systems Argentina S.A.(CMSAR)を4月に設立

キヤノンメディカルシステムズ株式会社、アルゼンチンのブエノスアイレス市に、Ichiban S.A. de Inversionとの間で合弁会社Canon Medical Systems Argentina S.A.(CMSAR)を4月に設立

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市 社長:瀧口 登志夫)は、IchibanS.A. de Inversión(本社:アルゼンチン ブエノスアイレス 社長:Manuel Gestoso、以下、「Ichibanイチバン社」)との間で、両者が既に設立している合弁会社 Canon Medical Systems Argentina S.A.(以下、「CMSAR」)に対して、Ichiban 社傘下で、これまでアルゼンチンにおける当社代理店を務めてきたGRIENSU S.A.(本社:アルゼンチン ブエノスアイレス CEO:Angel Machado、以下、「GRIENSUグリエンス社」)の代理店事業に関わる資産を譲り渡す条件について 2018 年 8 月 7 日(現地時間)、合意に至った。CMSAR は許認可取得完了後、2019 年1月初旬を目処にキヤノンメディカルシステムズの現地法人として営業を開始する予定で準備を進める。
GRIENSU 社は1965 年に代理店契約を締結し、50 年以上に渡り、キヤノンメディカルシステムズ株式会社の代理店としてアルゼンチン国内の販売・サービスを行い、320 列エリアディテクターCT Aquilion ONE/GENESISEdition を中南米で初納入するなど、最先端医療機器の納入実績を築いている。
今回の現地法人化により同国市場へ、日本の最新医療システムを提供し、疾病の早期診断、早期発見、早期治療に貢献し、同国の医療に貢献し、また、直接オペレーションを行うことでアルゼンチンを中心とした南米地域における販売拡大を目指し、さらなるグローバル化のための事業基盤の獲得を図り、人々の健やかな生活の実現を目指しこれからも医療の発展に貢献し続ける。

【新会社概要について】
社名 Canon Medical Systems Argentina S.A.
事業内容 医療機器の販売およびサービス
設立年 2018 年 4 月
本社所在地 アルゼンチン共和国 ブエノスアイレス市
社長 Angel Machado
従業員数 約 45 名(2018 年 12 月末時点)

【キヤノンメディカルシステムズについて】
2018 年1月4日に社名を「東芝メディカルシステムズ株式会社」から「キヤノンメディカルシステムズ株式会社」に変更
疾病の早期診断、早期治療のため CT、MRI、超音波診断装置、X 線診断装置などの画像診断装置や体外診断装置、ヘルスケア IT ソリューションを開発、製造し、世界 150 以上の国や地域に提供する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です