コニカミノルタプレシジョンメディシンジャパン、代表取締役社長交代に関するお知らせ

 コニカミノルタプレシジョンメディシンジャパン(株)(以下、KMPMJ)は、2019年9月30日の取締役会において、代表取締役社長の交代が決定した。

代表取締役社長交代(2019年10月1日付)
現代表取締役社長 益尾 憲氏
新代表取締役社長 三觜 剛氏

 KMPMJは、親会社であるコニカミノルタ(株)(以下、コニカミノルタ)の独自技術であるタンパク質分子標識・解析技術「High Sensitive Tissue Testing (HSTT)」を用いた創薬支援ソリューション「Quanticell」や血中タンパク質の高感度診断技術「Surface Plasmon Field-Enhanced Fluorescence Spectroscopy(SPFS)」による医薬品開発支援サービスに加え、一昨年に買収した米国で遺伝子診断ビジネスのトップクラスの実績を持つAmbryGenetics社(以下、AG社)と創薬支援サービスで豊富な実績を持つInvicro社(以下、IC社)の、国内における個別化医療の実現に向けてサービスを展開している。前代表取締役社長の益尾 憲氏は2018年7月のKMPMJ設立時より事業基盤の確立と国内事業の軌道化に尽力。新代表取締役社長の三觜 剛氏は、プレシジョン・メディシン事業加速期へ移行するコニカミノルタの成長戦略の中で、更なる事業加速・拡大に向け、プレシジョン・メディシン事業とコニカミノルタのヘルスケア事業との連携を強める。

【KMPMJが提供する個別化医療における付加価値】
 個別化医療の実現には「個」の状況を「疾病の推移」の中で正しく理解する診断が重要で、遺伝⼦変異のタイプと治療法選択、薬が標的とするタンパク質のレベルと薬効の予測、臓器における疾病の進展や予後予測など多くの情報に基づき判断する必要がある。
 コニカミノルタとAG社、IC社の3つの技術基盤を個別にまた融合することで、遺伝⼦・タンパク質・臓器の形態や機能をより深く知ることのできる分⼦レベルの検出および解析技術およびインフォマティクスによるサービスを提供するとともに、適切な治療法が適切な患者に適切なタイミングで提供される医療を⽀援し、医療の効率化や社会保障費の適正活⽤に貢献する。

●お問い合わせ
コニカミノルタプレシジョンメディシンジャパン株式会社
https://www.konicaminolta.com/jp-ja/precision-medicine/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です