シーメンスヘルスケア、胸部CT画像における 「AI画像解析受託サービス」のトライアル提供を開始

 シーメンスヘルスケアは、医療機関において飛躍的に増加する画像診断業務に
対して、AI技術*1によって画像解析処理をする胸部CT画像を対象とした「AI画像
解析受託サービス」を本年6月をめどに開始する。本サービスはトライアルとして
期間限定で提供され、当社のAI技術に対する市場評価の獲得と、クラウドプラット
フォームの利活用推進を主な目的としている。

 このたび提供する「AI画像解析受託サービス」は、シーメンスヘルスケアが医療
機関から胸部CT画像の解析を受託、受け取った画像の「肺結節の検出および測定」、
「大動脈の直径の測定」などを「AI-Rad Companion(エーアイ・ラド・コンパニオン)」
と呼ぶディープラーニング(深層学習)技術を用いて開発したAIソフトウエアで
解析し、成果物としてレポートを生成・提供するサービスである。AI-Rad Companionは、
一回の胸部CT撮影で得られる画像から、肺や心臓、大動脈など、複数の部位を一度
に解析できるソフトウエアだ。

 本サービスの利用には、当社が提供するクラウドサービス「teamplay(チーム
プレイ)」の接続環境下であること、さらにteamplay上で画像共有をするための
アプリケーション「teamplay Image(チームプレイ・イメージ)」を利用する*2
必要がある。
*1: 解析過程で本AIソフトウエアは自律的に学習を行わない。
*2: teamplayのクラウド接続費用とteamplay Imageの月額利用料が別途必要だ。

 本サービスの主な流れは以下の通りである。
①医療機関の担当者が胸部CT画像をteamplay Imageに送信する
②シーメンスヘルスケアのエンジニアがteamplay Image上で同画像を受領し、
 AI-Rad Companionを用いて解析処理を行う
③シーメンスヘルスケアのエンジニアがAI-Rad Companionによる解析レポートを
 受託元の医療機関に送付する

なお、レポートには下記の解析結果が含まれる。
・肺における肺気腫率(LAA%)の計測
・肺結節の検出と大きさの計測
・心体積の計測
・冠動脈の石灰化検出、及び石灰化の定量化
・大動脈直径の計測、など

[写真:AI-Rad Companionによる画像解析のイメージ]

肺における肺気腫率(LAA%)の計測

肺結節の検出と大きさの計測

心体積の計測

大動脈直径の計測

レポート画面

●お問い合わせ
シーメンスヘルスケア株式会社
URL https://www.healthcare.siemens.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です