ネスレ日本とフィリップス・ジャパン 、ヘルスケア領域で業務提携を開始

 ネスレ日本株式会社ネスレ ヘルスサイエンス カンパニーと株式会社フィリップス・ジャパンは、ヘルスケア領域における業務提携を開始する。
 この提携に基づき、両社は、世界で最も高齢化が進む日本において、医療費の増加や独居高齢者の増加をはじめとする様々な医療介護の課題の解決に向けて共同で取り組み、医療機関や高齢者施設など地域医療における新たなサービスの開発や共同での実証実験を順次開始していく。

<業務提携内容>

―フィリップスが展開を進める医療機関と在宅における健康情報の一元化(コネクティッドケア)の取り組みに、ネスレ ヘルスサイエンスが保有する「食と栄養のグローバルな知見」を加えることで、新たな価値を提供するサービスを展開する。
※コネクティッドケア: 医師、看護師、患者、病院、専門家、保険会社、政府といった医療制度のあらゆる部分で情報共有を可能にする技術のこと。

―フィリップスの「呼吸器関連事業」や「睡眠関連事業」において、「栄養」に関する啓発活動を行う。第一弾として、「在宅酸素療法」を行っている呼吸器疾患「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」の方に対して、医療従事者(医師、管理栄養士等) の協力のもと、フィリップスの営業部員がネスレヘルスサイエンスの栄養補助食品の案内を、2019年5月13日(月)より順次開始する。

<呼吸器疾患「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」と栄養>
 COPD (慢性閉塞性肺疾患) は、長期間にわたる喫煙習慣などで生じる炎症性呼吸器疾患である。現在の国内患者数は25万人超に上るほか、国内における潜在患者数も500万人以上と推定されており、年々進む高齢化に伴い、患者数、死亡者数のさらなる増加が懸念されている。COPDは重症化すると、肺機能の低下で呼吸時のエネルギー消費量が多くなるため体重が減少しがちですが、一般の方より多くのエネルギー摂取が必要な一方、食事の際の息苦しさなどで、十分な栄養を確保できていない現状がある。

【お問い合わせ】
株式会社フィリップス・ジャパンブランドコミュニケーション部
https://www.philips.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です