富士フイルム、医療施設向け「薬用ハンドジェルHA(医薬部外品)」を新発売!

~現場のニーズを取り込んだ、手の「うるおい」と「清潔」の両方を実現~

 富士フイルム(株)(以下、富士フイルム)は富士フイルムメディカル(株)を通じて、手の「うるおい」と「清潔」の両方を実現する「薬用ハンドジェル HA(医薬部外品)」を、2019年9月20日から全国の医療施設向けに発売。本製品は、化粧品の開発で培った技術や、アルコールと銀系材料を組み合わせた「Hydro Ag(ハイドロエージープラス)」技術を生かして開発された製品である。保湿成分にこだわり、乾燥を防いでなめらかな手肌に導くとともに、殺菌有効成分及び抗炎症有効成分配合によって手荒れ(ひび、あかぎれなど)を防ぐ。

 医療分野において手指衛生は基本的かつ最も重要な感染対策の一つと考えられているが、高頻度の手洗い・手指消毒は手荒れの原因となってしまう。手荒れした状態では、皮膚のバリアが破綻し細菌が侵入しやすく、細菌増殖の場となる恐れがある。米国CDCガイドライン※1では、手指衛生に関して、接触性皮膚炎の発生抑制のため、医療従事者にハンドローションやハンドクリームを供給すべきと強く勧告されている※2。そこで富士フイルムは、感染対策の観点における手荒れ予防のためのスキンケアの重要性に着目し、手荒れによる院内感染の予防に有効な医療施設向けハンドジェルを開発した。

薬用ハンドジェル HA(500mL)

 今回発売の「薬用ハンドジェル HA」は、水溶性ポリマーによる高い保湿性を持つとともに、殺菌有効成分及び抗炎症有効成分配合によって手荒れを防ぎ、手の「うるおい」と「清潔」の両方を実現する。さらに、オイルフリーかつパウダーを配合したジェルタイプで、「べたつき」や「ぬるつき」を大幅に軽減。「さらり」とした使用感で、ゴム手袋を挿入しやすく、また、タブレット操作画面など、機器への油移りが抑制されるため、さまざまな診療業務もスムーズに行える。

 富士フイルムはこれからも先進・独自の技術によって、人々の生活の質の向上に貢献する製品を開発していくことを目指す。

※1 米国保健福祉省の構成部局である疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention)は多数かつ最新の医学文献を網羅した上で感染対策に関するガイドラインや勧告を数多く発表している
※2 現存する科学的データ・理論的根拠・適応性及び経済的効果に基づき分類された4つのカテゴリーのうち、最も強い実施勧告である「カテゴリーIA」に分類されている
 

1.販売名
 薬用ハンドジェル HA(医薬部外品)

2.価格
 オープン価格

3.特長
➀手荒れを防ぎ、手指をいつも健やかに

 有効成分配合によりうるおいを与え、手のひび・あかぎれを防ぎ、健やかに保つ。
➁手肌のうるおいを守る
 保湿成分にもこだわり、手肌の乾燥を防いでなめらかな手肌に導く。
➂べたつきを防ぎ、油移りを低減
 オイルフリーかつパウダーを配合したジェルタイプのため、さらりとした使用感で、業務もスムーズに行える。

4. 主な仕様
製品形態

 500mLポンプ
薬機法分類
 医薬部外品
主成分
・有効成分:
 イソプロピルメチルフェノール、グリチルリチン酸ジカリウム
・その他の成分:
 精製水、カルボキシビニルポリマー、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、キサンタンガム、塩化セチルピリジニウム、水酸化カリウム、エタノール、架橋型メチルポリシロキサン、メチルポリシロキサン、アロエエキス(2)、アパサイダーC、結晶セルロース、ヒアルロン酸ナトリウム(2)
梱包仕様
 500g:外箱 12本(6本内箱×2)入り

5. 販売方法
 富士フイルムメディカル株式会社を通じて販売する。
 発売元:富士フイルム株式会社(住所:東京都港区西麻布 2-26-30)
 製造販売元:メディコス製薬株式会社(住所:埼玉県比企郡滑川町大字都 25-96)

 なお、同製品は白十字株式会社(東京都豊島区高田三丁目 23 番 12 号)を販売元としても販売される。
 

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル株式会社
営業本部マーケティング部(本件について)
 TEL:03-6419-8033
お客様コミュニケーションセンター(製品について)
 TEL:050-3786-1711

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です