日本ストライカー、ロボティックアーム手術支援システム「Mako」を使った人工膝関節全置換術が保険適用に~股関節に続いて膝関節へも保険適用が拡大~

 医療機器メーカーの日本ストライカー(株)(以下日本ストライカー)は、2019年7月1日付で、ロボティックアーム手術支援システム「Makoシステム」(読み方:メイコーシステム 以下、Mako)を使った人工膝関節全置換術への保険適用を取得した。6月に保険適用となった人工股関節全置換術に続き、人工膝関節全置換術へもMakoを使った手技への保険適用が拡大されたこととなる。
 Makoは、日本で初めて承認された整形外科におけるロボティックアーム手術支援システムで、2017年10月に人工股関節全置換術で、2019年4月に人工膝関節全置換術で薬事承認を取得している。このたび保険適用となった人工膝関節全置換術は、膝の変形により痛んだ関節表面を切除し、人工関節に置き換える手術である。この手術にMakoを用いることによって、人工関節の設置精度の向上※1や疼痛の低減※2、患者満足度の向上※2などのメリットが期待できる。

Makoシステム 製品写真

 現在、年間約8万例の人工膝関節置換術(全置換および部分置換を含む)が実施されている※3。このうち、70歳以上の症例が7割以上を占め、60歳以上の症例を含めると9割を超える※3。今後、高齢者人口増加に伴い、人工関節置換術のニーズも増えていくことが想定される。
 世界では、股関節と膝関節をあわせて累計20万例以上の人工関節置換術でMakoが使われている。人工膝関節全置換術へ保険適用が拡大したことで、日本ストライカーでは、日本においてもMakoのような医療テクノロジーへ、より多くの患者さんがアクセスしクオリティ・オブ・ライフを向上できるよう、Makoの販売を強化していく。

Makoシステム 製品写真

※1 Hampp EL, et al, Robotic-Arm Assisted Total Knee Arthroplasty Demonstrated Greater Accuracy and Precision to Plan Compared with Manual Techniques., The Journal ofKnee Surgery.32(3), 239-250(2019).
※2 Marchand RD, et al. Patient Satisfaction Outcomes after Robotic Arm-Assisted Total Knee Arthroplasty: A Short TermEvaluation. The Journal of Knee Surgery. 30, 849-853(2017)
※3 厚生労働省 第3回NDBオープンデータ(2016.4~2017.3診療分)

●お問い合わせ
日本ストライカー株式会社
https://www.stryker.com/jp/ja/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です