日本BD、「BD™Bruker MALDI バイオタイパー™smartシステム」発売開始

 日本ベクトン・ディッキンソン㈱は、微生物の菌種の同定を迅速に行う装置「BDBruker MALDI バイオタイパーsmartシステム(以下、「MALDI バイオタイパーsmart」)」を、2020年6月1日に発売した。

 感染症に罹患している可能性のある患者にとって、原因菌を特定し、有効な抗菌薬の種類を絞り込み、できるだけ早く適切な治療につなげることは極めて重要である。
 この度発売するMALDI バイオタイパーsmartは、2019年に発売した「BDBruker MALDI バイオタイパーシステム」の豊富なライブラリー(約3000種類)と菌種同定の高い一致率はそのままに、改良されたレーザーを搭載して照射速度を向上することで、測定時間を大幅に短縮し、わずか約15分で96検体の菌種同定が可能。

 また、高性能真空ポンプを実装することでプレート交換にかかる時間を削減し、従来、約10時間を要していたメンテナンスからの復旧を4時間程度に短縮することで、メンテナンスによるダウンタイムを2日から1日へと短縮することが可能になった。これにより、迅速な対応が求められる医療現場での検査にも対応できる。本製品に搭載されたレーザーには7年(または5億ショット)の保証が付帯している。
 MALDI バイオタイパーsmartは、薬剤感受性結果を最速4時間から報告することができる迅速感受性検査装置BDフェニックス™M50と連携したワークフローでご使用いただくことで、患者さんへの早期診断、早期治療を可能とするとともに、AMR対策および院内感染防止への貢献も期待される。

製品の特徴:BDBruker MALDI バイオタイパーsmartシステム
⚫ 迅速な同定を実施:96検体まで同時測定が可能で、測定開始から同定まで10~15分で完了。
⚫ 豊富なデータベースから菌名を特定:多様な種類の微生物に対応する充実したライブラリーにより、高い同定精度にて同定された菌名が明確に表示される。


BD Bruker MALDI バイオタイパー smart

BDBruker MALDI バイオタイパーsmartシステムによる同定検査ステップ
1.寒天培地からコロニーを釣菌
2.プレートに塗布し、試薬を添加
3.MALDI-TOFプロジェクトリストに検体を登録
4.プレートをMALDI バイオタイパーsmartにセットし、同定測定開始
5.分析結果をライブラリーと高精度に照合し一致結果を表示する

BD フェニックスM50
 BD フェニックスM50は、菌種の同定と薬剤感受性検査を自動で行う検査機器である。同定検査は2時間、薬剤感受性検査は4時間から判定でき、フェニックス用パネルを使用することで同定と感受性検査を一度に行うことが可能。
販売名: BD フェニックスM50
製造販売届出番号: 07B1X00003000159
体外診断用医薬品
販売名:BD フェニックス
製造販売届出番号:07A2X00012000301/製造販売承認番号:21400AMY00156000

BDBruker MALDI バイオタイパー
販売名: Bruker MALDIバイオタイパー/製造販売届出番号: 07B1X00003000150

●お問い合わせ
BDカスタマーサービス
TEL:0120-8555-90

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です