株式会社島津製作所は、より多くの施設のオペレーションにフィット デジタル式回診用X線撮影装置のラインナップを拡充

デジタル式回診用X線撮影装置「MobileDaRt Evolution MX8 Version」 走行時のイメージ

株式会社島津製作所は、デジタル式回診用X線撮影装置のさらなる普及を目指し、11月5日から、当社の「MobileDaRt Evolution MX8 Version(モバイルダート エボリューション エムエックスエイト バージョン)」のラインナップに、コニカミノルタ株式会社製DR(デジタルラジオグラフィ)システム搭載モデルを追加します。

デジタル式回診用X線撮影装置は、主に病棟回診や緊急性の高い医療現場での検査に用いられます。当社の「MobileDaRt」シリーズは、60を超える国で稼働しており、累計販売台数が4,000台以上になりました。中でも、2018年1月から展開するシリーズ最新の「MobileDaRt Evolution MX8 Version」は、国内メーカーで唯一の伸縮式支柱構造を採用しているほか、高い走行性や細部まで配慮した操作性が好評です。

株式会社島津製作所 は、病院内のオペレーションに適したDRシステムを自社のX線撮影装置に組み合わせる「DR NEUTRAL(ディーアール ニュートラル)2.0」というコンセプトを推進しています。「MobileDaRt Evolution MX8 Version」は自社製DRシステムの他に2社のDRシステムに対応していますが、このたびコニカミノルタ株式会社製DRシステムの搭載を実現したことにともない、画質や堅牢性に優れた同社の最新FPD(フラットパネルディテクタ)が利用可能になりました。ラインナップの拡充で、さらに多くの医療施設のオペレーションに最適な装置を提供できるようになります。

「MobileDaRt Evolution MX8 Version」の特長

株式会社島津製作所 が独自開発した伸縮式のX線管支柱は、走行時に広い視野を確保でき、高いX線焦点位置からの撮影が可能です。また、以前から定評のあるパワーアシスト機能により、直進や旋回もスムーズです。撮影後数秒で19インチの大型フルフラットモニタに画像を表示可能なことに加え、豊富な収納スペースなどを標準で備えており、ハードとソフトの両面でオプション類も充実しています。

最新FPDの特長

コニカミノルタ株式会社製DRシステムの搭載により、同社の最新FPDを利用できます。このFPDは、回診用途では世界最小レベルの解像度100μmを実現しており、診断精度の向上に寄与します。FPD内蔵のリチウムイオンキャパシターは、充電時間が短い上に充放電の繰り返しによる劣化が少ないという特長があります。耐衝撃性や防水性に優れる点も回診業務に最適です。

「MobileDaRt Evolution MX8 Version」
新モデルの価格
1億1,500万円~
(税別、システム構成により異なる)

【製造販売認証番号】(医療用)

220ABBZX00229000 移動型デジタル式汎用X線診断装置
移動型アナログ式汎用X線診断装置
[回診用X線撮影装置MobileDaRt Evolution]
X線平面検出器出力読取式デジタルラジオグラフ

詳しい製品説明についてはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です