第12回3D PACS研究会のご案内

第12回3D PACS研究会 テーマ:エバンジェリストに学ぶ最新情報

 2019年12月、第12回3DPACS研究会が熊本で開催される。当番世話人は熊本大学病院の池田龍二先生が務める。
 今回のテーマは「エバンジェリストに学ぶ最新情報」とし、各分野のスペシャリストが最新の情報を提供する予定である。

■開催概要

●日時
 2019年12月15日(日) 9:15~16:15(開場・受付開始 9:00)

●研究会会場
 熊本県熊本市中央区桜町1-3
 熊本市民会館シアーズホーム夢ホール大会議室 第1-4会議室
 
 
■プログラム
9時15分~9時45分 モーニングセミナー
 座長 牛尾哲敏(滋賀医科大学医学部附属病院)

9時50分 開会挨拶
 当番世話人 池田龍二(熊本大学病院)

10時00分~10時30分 医療放射線の適正管理体制の構築 -医療法施行規則一部改正への対応-
 武田聡司(国立病院機構東埼玉病院)

 座長 金沢 勉(新潟大学医歯学総合病院)

10時30分~12時00分 MRIセッション
 座長 沖川隆志(社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院)
    豊成信幸(国家公務員共済組合 熊本中央病院)
 1.「心臓MRI撮像 ここがポイント」
   立石敏樹(国立病院機構宮城)
 2.「K-SPACEシェアリングのアーチファクトを考える」
   金沢 勉(新潟大学医歯学総合病院)
 3.「IMPROVEMENT OF DWI AND 3D-STIR ON 3T」
   森田康祐(熊本大学病院)

12時15分~12時45分 ランチョンセミナー
 座長 立石敏樹(国立病院機構宮城)

12時45分~14時00分 線量管理システム「ウチのシステムはここが特徴!」
 座長 武田聡司(国立病院機構東埼玉病院)

14時00分~15時30分 CTセッション
 座長 松田勝彦(社会福祉法人恩賜財団 済生会熊本病院)
    坂部大介(熊本大学病院)
 1.「多様化するCT装置~高精細CT・面検出器をどう使いこなす?~」
   牛尾哲敏(滋賀医科大学医学部附属病院)
 2.「明解!明日から使えるDUAL ENERGY CTの臨床応用とピットフォール」
   富田博信(済生会川口総合病院)
 3.「高速KVSWITCHINGによるDUAL ENERGY CTの活用」
   小林隆幸(北里研究所病院)

15時30分~16時15分 特別講演「人工知能・機械学習の基本と臨床応用」
 中浦 猛(熊本大学病院 画像診断治療科 講師)

 座長 池田龍二(熊本大学病院)
   
16時15分 閉会の辞
(次回当番世話人)

 
 
■備考
 本セミナーでは日本X線CT専門技師 6単位・肺がんCT検診認定技師 5単位・日本救急撮影認定技師 2単位・医療情報技師 1単位・医用画像情報専門技師 1単位の更新単位を取得可能。

 参加費:1,000円(学生:500円)

●お問い合わせ
済生会川口総合病院 志藤正和
メールアドレス:m-shitou@saiseikai.gr.jp

3D PACS研究会ホームページ
URL:http://3dpacs.kenkyuukai.jp/information/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です