第3回 PACS Administrator Seminar 開催のお知らせ

 日本医用画像管理学会(JSMIM)が主催となり開催してきたフィルムセミナーは、平成30年1月よりPACS Administratorセミナーと改称し、今回で3回目を迎える。臨床的観点とIT技術の両面の知識、コミュニケーション能力等を併せ持つ優れたシステム管理者の育成を目的とし、今年度はシステム導入更新時の戦略や無線LAN管理といった、実務に即した内容も取り入れられる。自然災害に対する運用対策や被ばく線量管理に関する内容まで、幅広い分野を2日間で学べる参加しやすいプログラムとなっている。
 

【主催】
 日本医用画像管理学会(JSMIM)

【日時】
 基礎・運用対策編
:令和2年1月11日(土) 10:30~18:30(定員70名)
 システム管理編 :令和2年1月12日(日) 9:00~16:30(定員70名)
 ※1日単位の参加も可能。

【参加費】
 各コース時間が異なるが、同じ参加費となる。
 1コースのみ参加 :¥8,000 (¥5,000)
 2コース参加   :¥13,000 (¥10,000)
 ※( )はJSMIM会員もしくは、過去にフィルムレスマスターセミナー・フィルムレスセミナー参加者の価格。

【場所】
 赤坂パークビル 13階(GEヘルスケア・ジャパン株式会社内)

【申込方法】
 日本医用画像管理学会ホームページ(http://www.jsmim.jp)から

【申込期間】
 令和元年10月1日から12月20日
 ※各コース定員になり次第締切。
 

【プログラム】
1月11日(土)1日目 基礎・運用対策編

 受付開始時間:10時~
  10:35~11:20 ガイドライン
  11:20~12:05 DICOM基礎
  12:05~12:50 情報処理基礎
  13:50~14:30 JCI認証と画像管理対策
  14:35~15:20 医療安全対策(画像診断報告書の既読管理)
  15:35~16:20 ハードウェア・ネットワーク障害対策
  16:25~17:10 情報セキュリティ対策
  17:15~18:00 自然災害対策
  18:00~18:30 ディスカッション

1月12日(日)2日目 システム管理編
 受付開始時間:8時30分~
  09:00~09:40 PACS管理
  09:45~10:25 モニタ管理
  10:35~11:15 内視鏡画像・超音波画像のシステム連携
  11:20~12:00 システム戦略(RFPとプロジェクトマネジメント)
  13:00~13:40 放射線部門における無線LAN管理
  13:45~14:25 画像のインポート・エクスポート管理
  14:35~15:15 線量管理の動向
  15:15~15:30 一般撮影領域の線量管理
  15:30~15:50 CT領域の線量管理
  15:50~16:30 ディスカッション

 ※プログラムは予告なく変更になる場合あり。
 ※参加費・各種ポイントなどは日本医用画像管理学会ホームページで確認できる。
 

●お問い合わせ
日本医用画像管理学会(JSMIM)
URL:http://www.jsmim.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です