キヤノンメディカルシステムズ、3分で陽性判定できる機能を追加したインフルエンザ迅速検査システム「Rapiim」販売開始


「Rapiim Eye 10」と「Rapiim Flu-AB」

 キヤノンメディカルシステムズ㈱は、最短3分で陽性判定できる機能を追加したインフルエンザ迅速検査システム「Rapiim(ラピーム)」を本日より販売開始する。
 2016年より販売を開始した迅速検査システム「Rapiim」は、微量なインフルエンザウイルスを迅速に検出可能であると好評だ。従来の8分での最終判定に加え、ウイルス量が多い場合には測定開始後最短3分で陽性判定ができる機能を新たに追加したことにより、より迅速な処方が行えるため、ワークフローの改善にも役立つ。

 このシステムは蛋白質分析装置「Rapiim Eye 10(ラピーム アイ テン)」と専用の体外診断用医薬品であるインフルエンザウイルスキット「Rapiim Flu-AB(ラピーム フル エービー)」を組み合わせて使用する。Rapiim Eye 10は10月より、Rapiim Flu-ABは11月より、それぞれ納品を開始する。
 なお、現行のRapiim Eye 10をご使用いただいている医療機関においては、10月より順次、無償での装置交換を予定している。

主な特徴

1.短時間陽性判定

 ウイルス量が多い場合、最短3分で陽性の判定結果を表示するため、迅速に結果が得られる(注1)。
 また、これまでの判定結果の表示である【陽性:「P」、陰性:「N」】に加え、【陽性:「+」、陰性:「-」】を追加した。ユーザの好みによって表示を切換られるため、認識性が向上する。

2.検体種の拡大

 3検体種(鼻かみ液、鼻腔拭い液、鼻腔吸引液)に加え、新たに「咽頭拭い液」を追加した。患者様の症状に合わせて、最適な検体種での検査が実施可能だ。

3.有効期間を24ヶ月に延長

 体外診断用医薬品であるインフルエンザウイルスキット「Rapiim Flu-AB」の有効期間を18ヶ月から24ヶ月に延長し、お客様の利便性を向上した。

一般的名称                   蛋白質分析装置
販売名 蛋白質分析装置Rapiim Eye 10 PRA-F0101A                  
本体外形寸法 150(幅)×230(奥行)×150(高さ)mm
重量 約1.6kg
電源電圧 100V 専用ACアダプタ
製造販売届出番号
09B1X00003000079

インフルエンザウイルスキット

一般的名称                   インフルエンザウイルスキット
販売名 インフルエンザウイルスキットRapiim Flu-AB PRT-FLU01A                  
製造販売承認番号
22800EZX00076000

(注1)最終判定は従来と同様8分となります。

●お問い合わせ

キヤノンメディカルシステムズ㈱
URL:https://jp.medical.canon/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です