ケアストリームヘルスとセコム医療システムが画像診断分野で連携

遠隔画像診断支援サービスのインフラにケアストリームのソリューションを採用

 ケアストリームヘルス(株)は、セコム(株)のグループ会社でメディカル事業を担うセコム医療システム(株)と、画像診断分野において最先端のIT技術を活用したサービスの実現に向けて連携を開始した。まず、セコム医療システムが提供する遠隔画像診断支援サービス「ホスピネット」のインフラにケアストリームの「Clinical Collaboration Platform」を採用する。
 セコム医療システムは、1994年、日本初の商用遠隔画像診断支援サービス「ホスピネット」を開始。現在は、病院・診療所向けのICTソリューションとして、クラウド型電子カルテサービスのほか、病院経営情報分析システムなど様々なソリューションを提供している。
 また、ケアストリームは、医用画像情報システム(PACS)、放射線情報システム(RIS)といった画像診断に関わるヘルスケアIT製品をClinical Collaboration Platformとして展開している。2010年に日本初の医用画像クラウドサービスを開始し、多くの医療機関の画像をお預かりしている。
 本連携により、セコム医療システムは、ホスピネットのインフラにClinical Collaboration Platformを採用し、画像診断に関わるシステムを刷新する。ケアストリームの統合アーカイブ(VNA)である「Vue Archive」をセコムのデータセンター内に構築し、遠隔読影依頼画像と関連データを統合保存するとともに、約100名の放射線診断専門医が使用する読影用アプリケーションを読影PACSビューア「Vue PACS Client」に切り替える。
 今後、遠隔画像診断支援サービスにおける読影医の専門性や得意分野とのマッチングの自動化や、AIによる画像診断の効率化をはじめとする最先端のIT技術を活用したワークフローのほか、セコム医療システムのICTソリューションにケアストリームのプラットフォームを組み合わせた新たなサービスの実現に向けて、検討を進めていく。

※2019年3月に公表の通り、本連携に関わるケアストリームのヘルスケアIT事業部門はフィリップスに移管され、移管後はフィリップスとの連携として活動を継続していく。

●お問い合わせ
ケアストリームヘルス株式会社
URL: www.carestream.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です