【CVIT2018ブースレポート】株式会社島津製作所

Trinias series B8/C8/F8 unity edition

2012年10月に血管撮影システムTriniasシリーズを発売以来、臨床現場のニーズに応える
べく様々なブラッシュアップを行い常に先進の機能を世に送り出してきた同社。ますます
高度化、多様化するインターベンションを支援するシステムとして2018年4月に発売した
「Trinias B8/C8/F8」を展示した。本製品は、「被ばく低減、造影剤の削減、検査時間短縮
のトータルでの低侵襲に貢献できる」を大きくアピールするものだ。

中でも特筆すべきは
Direct memoryだ。これは手技に応じて、角度登録を可能にして、操作がとてもしやすく
術者には好評だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です