EIZO、使いやすさと省スペースを両立させた21.3型画面の電子カルテ画像表示モニターを発売

 EIZO株式会社は、21.3型の電子カルテ画像表示モニター「RadiForce MX216」を2019年4月15日に発売。価格はオープン価格
※オープン価格の製品は標準価格を定めていない。

 「MX216」は、電子カルテおよび医用画像の参照用21.3型2メガピクセル液晶カラーモニター「MX215」の上位機種。

 「MX216」は、「MX215」の性能・機能に加えて、関心領域のみに焦点を絞ることで、画像を観察しやすくする「Point-and-Focus(ポイント・アンド・フォーカス)」機能や、同一画面内でモノクロとカラーをピクセルごとに自動判別し、それぞれ最適な階調で表示する「Hybrid Gamma PXL(ハイブリッド・ガンマ・ピクセル)」機能を搭載。これにより、医師による医用画像の参照作業の効率向上が見込まれる。

 また、発光効率の優れたLEDバックライト搭載パネルにより、輝度180cd/m2の維持保証期間を、「MX215」の3年間かつ10,000時間から、3年間かつ20,000時間へ延長した。

 製品デザイン面では、新たな筐体設計により、「MX215」と比べて約23%のスリム化を達成。従来よりも設置場所の自由度が増す。

RadiForce MX216の製品情報
https://www.eizo.co.jp/products/radiforce/mx216/index.html

< 展示会情報 >
 当社は、下記の展示会にて当製品を展示。
2019年4月12日(金)~14日(日)「2019 国際医用画像総合展(ITEM 2019)」(神奈川県 横浜市 パシフィコ横浜)
https://www.eizo.co.jp/event/pr/medical/item2019.html

■お問い合わせ

EIZO株式会社:https://www.eizo.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です