GEヘルスケア・ジャパン、どんな患者にも快適な検査と高画質を提供する 最新のMR技術「AIR Technology」を新発売 ~体に密着するブランケットコイル~

 医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社は、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)における最新技術「AIR Technology(エアー テクノロジー)」を搭載した受信コイルを本日4月10日より販売開始する。この製品は、MRの検査に関わる全ての人の検査体験を変える全く新しいRFテクノロジー*だ。

* RFテクノロジー:RF信号の受信を効率化・増幅するためのハードウェア・コイル技術

 AIR Technologyは、これまでのコイル素子とは全く違う素材であるINCA™ワイヤとe-Modeプリアンプにより構成され、非常に軽量かつ柔らかい構造を実現している。AIRとはAdaptive Imaging Receiveの略称で、非常に柔軟な構造なため、まるでブランケット(毛布)のように常に患者に密着したコイルセッティングを可能とする。どんな患者・部位にも適応し、高画質、高速化、ワークフローの向上、患者快適性の向上につながる最新技術だ。

 尚、AIR Technologyを使用するためにはMR装置本体に最新のデジタル伝送プラットフォームであるTDI(Total Digital Imaging)の搭載が必要となる。

 MR検査において、患者からの信号を取得するために必要な受信コイルは通常、隣り合うコイル素子間での電気的な干渉の影響を受けるため、それぞれのコイル素子を基盤にしっかりと固定する必要があった。そのため、コイルの設計としても柔軟性には限界があり、例えば腹部用コイル等においては比較的固い構造にならざるを得なかった。また受信した信号を増幅するための装置(プリアンプ)も比較的大きなものとなり、コイルの“重量”にも影響を及ぼす。

 この度販売を開始する「AIR Technology」は、コイル素子の素材に“INCA™ワイヤ”と呼ばれる特殊な細く柔軟なワイヤを採用し、また、信号増幅のユニットにおいてもシンプルな回路で構成が可能な省電力プリアンプを用いている。このようなシンプルかつ特殊な素材によるコイルの構成により、従来型のコイル(フェイズドアレイコイル)で発生していたコイル素子間の電気的干渉の影響をほぼ無視できるほど低減することが可能となり、コイル素子を基盤に固定せずにコイルを生成することができる。その結果、折り曲げたり畳んだりしても壊れないほど柔軟なコイルを設計することができる。さらにコイルの重量においても従来型のコイルに比べてコイル素子数を増やしているにもかかわらず、60%以上の軽量化を実現している。そのため、検査を受ける患者の圧迫感を低減できるとともに、どんな患者や部位に対しても人体にコイルを巻き付け、常にコイルを密着させて検査を行えるため、高画質イメージの取得が可能となる。

 本技術を先行してお使いいただいた東京大学医学部附属病院放射線部の鈴木雄一技師は、以下のように述べている。
 「AIR Technologyは、折れ曲げることができ、またとにかく軽いため、非常に持ちやすく使い勝手が大変よくなっています。さらに、体幹部の撮影の際には、手をコイルの外に出してセッティングできるので、(造影剤を注入する際の穿刺がうまくいっているかどうかの)造影ルートを視認しやすい点が、大きなメリットと考えます。」

検査中の患者負担の軽減
・ 従来型のコイルに比べて60%以上の軽量化を実現しているため、重さや圧迫感による患者負担を低減する。
・ 頭部用コイルにおいては、前面部と背面部の間に3cmのスペーサーを挿入することが可能だ。この機構を使うことでコイルの内径が広がるため、顎のあがってしまっている患者の撮像や、救急検査時における非磁性体で構成された酸素マスクを装着した状態での検査など、これまで撮像が困難だった患者への適応の幅が広がる。
画像クオリティーの追求
・ 高速撮像技術(パラレルイメージング)を用いた撮像において、従来コイルと比べてより高い倍速数で撮像することが可能。撮像時間の短縮、画像のボケ(ブラー)の低減、拡散強調画像における歪の低減につながる。さらに、最新のSIGNA Worksソフトウェアアプリケーションと組み合わせて使用することで、さらなる高速化や歪み低減を実現する。
・ 高いコイル密度の受信コイルを比較的大きなコイル径で構成可能なため、深部まで均一かつ高分解能な画像取得を可能とする。
・ コイルを巻き付けてセッティングできるため、様々な部位への適応と広範囲撮像を実現する。整形領域の撮像において、従来型の整形専用コイルに比べて広範囲の信号受信が可能となる。
検査効率(ワークフロー)の向上
・ 非常に軽量かつ柔軟なコイルなため、装置を扱う技師にとっても扱いやすく検査効率の向上に期待が持てる。
・ 従来コイルのように、“コイルに合うように”患者のポジショニングを決める必要がなく、患者には楽な体制で横たわってもらい、その体勢に合わせたコイルセッティング(“患者に合うように”セッティングを行うこと)が可能となる。
 その他、本資料に記載された装置の製品名/薬事販売名/医療機器認証番号は以下の通り:

●お問い合わせ先
GE ヘルスケア・ジャパン(株)
URL:http://www3.gehealthcare.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です