日立ヘルスケアシステムズ、使いやすさを追求した薬局向け電子薬歴「Pharma-SEED EX」を発売

クラウドによる薬歴参照機能を標準搭載、かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師を支援



Pharma-SEED EX 画面例

 日立ヘルスケアシステムズ㈱(以下、日立ヘルスケアシステムズ)は、薬局向け電子薬歴の新製品「Pharma-SEED EX」(ファーマシード イーエックス)を9月25日から販売開始する。
 本製品は画面構成や配色など画面デザインを一新し、従来製品と比べ使いやすさを向上した。また、クラウド環境での薬歴参照機能を標準搭載することにより、薬局内だけでなく、他店舗や訪問先での情報共有を容易にした。薬局・薬剤師に求められる「かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師」の業務を支援する。

 政府は、2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支 援・サービス提供を行う地域包括ケアシステムの構築を推進している。この中で薬局は、24時間の対応や在宅医療への参加など、「かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師」の役割を担うことが求められる。現在、電子薬歴は約7割の薬局に普及しているが、今後、安全性の確保や医療情報の共有のため、電子薬歴の普及はより一層進むと見込まれている。
 日立ヘルスケアシステムズは、2000年12月、前身となる日立メディカルコンピュータ㈱の設立以来、一般診療所、歯科診療所および薬局に対し、医療情報システムや医療機器を提供しており、2007年からレセコン一体型電子薬歴「Pharma-SEEDシリーズ」を販売している。

 なお、本製品は、2018年9月23日からホテル金沢で開催される第51回日本薬剤師会学術大会併設展示会に展示する。

■新製品の特徴

1.画面デザインを一新し、業務効率を向上

 薬歴作成作業の効率化は、薬剤師の業務負担軽減とともに患者サービスの向上につながる。「Pharma-SEED EX」ではデータの入出力がスムーズに行えるよう、業務に合わせて画面構成をカスタマイズすることができる。また、背景色は8色から好みの色を選ぶことで、画面を見やすくできるなど、快適な操作環境を提供する。

2.クラウドで薬歴データを共有

 「Pharma-SEED EX」はクラウド環境を利用し、薬歴データをセキュアに管理する。またタブレット端末、スマートフォンなどマルチデバイスに対応しており、「いつでもどこでも」薬歴データへのアクセスが可能だ。在宅対応や薬局チェーン内の情報共有の効率化により、地域医療の担い手として貢献する「かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師」を支援する。

3.介護レセプトのオンライン直接請求に標準対応

 これからますますニーズが高まる在宅医療に対応して、訪問薬剤管理指導計画書・報告書の作成や定期処方の比較など、支援機能の充実に加え、請求業務にかかる作業負担を軽減するため、介護レセプトのオンライン直接請求機能を標準搭載する*1

*1 本機能は11月中旬に対応予定。

■価格および出荷時期


*上記価格は電子薬歴「Pharma-SEED EX」に加え、サーバ1台およびクライアントの産業用パソコン3台を含む一式価格。システム構成により価格は異なる。
*薬歴データのクラウド環境での入力・編集機能は、別途、初期費用および月額利用料が必要。

●お問い合わせ

日立ヘルスケアシステムズ㈱
経営戦略本部 企画部  担当:石田、國﨑
TEL:03-3490-0769
URL:http://www.hitachi-hs.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です