【試し読み】慶応義塾大学 井上政則先生INTERVIEW「井上先生に聞く、これからのIVRの進むべき道」

井上政則
(慶應義塾大学医学部放射線科学教室)

 今回のEVT領域の「仕事の流儀」は、放射線科医にフォーカスを当てた。IVR(Interventional Radiology)領域のトップランナーとして走り続ける、慶応大学放射線診断科の井上政則氏に話を伺った。低侵襲治療の発展を世の中が期待する中、循環器内科医や血管外科医と異なり、末梢動脈疾患のみならず、幅広い領域で治療を行う、IVRの世界。その第一線に立ち続ける同氏に、IVRの現状と将来について語ってもらった。そして、同じ道を歩もうとする若手ドクターへの熱い思いと期待のメッセージを頂戴した。

 

 

治療をする診療科としてのIVR

インタビュアー
仲間達也
(弊誌編集委員)

仲間 井上先生、今日はインタビューを受けていただき、誠にありがとうございます。「仕事の流儀」と題し、医療現場のトップランナーとして、ご活躍されている先生をお招きしてお話を伺う企画です。先生のこれまでの経歴やそれに至る経緯、思いなどをお聞かせ願えれば、と思います。

井上 そうですね。EVTに関してだけでなく、IVR全てに関してお話ししていく、と言う形でよろしいでしょうか?

仲間 そうですね。まず、はじめに、なぜ放射線科という診療科を選んだのか。その中でもカテーテルを用いて治療を行う、IVRの道を選んだのか。そのあたりの経緯、理由についてお聞かせください。

井上 一つは、父が放射線科医であったという点が挙げられます。実際に僕が学生のときに、仕事に関して詳細を聞いたわけではなかったのですが。たまに夜中に緊急で病院に呼ばれた父の姿を覚えています。
 僕は、医師としての将来を見すえたときに、“頭で勝負するよりも技術”と言う事を考えていました。まず、治療のための技術を学んで、それを生かして治療をしたいという意識がありました。外科系、具体的に言うと、消化器外科、血管外科も考えたのですが、カテーテルでいろいろなことができるという魅力から、放射線科を選択しました。その中で、おおよそ全てのカテーテル治療をさせて頂いたと思います。末梢血管、腫瘍、そして非血管系も。ステントグラフトも、企業が製品として出していない時代に、自作でステントグラフトを作って、行なったりもしました。

仲間 いわゆる、放射線科を選択する時点で、すでにIVRを行うのだ、と言う強い意志があったということですね。診断学としての放射線科にはそこまで興味を持たれていなかったのでしょうか?

井上 実は画像診断は結構好きで。例えば、単純X線写真にしてもCT画像にしても「これこうだよ」と論理的に説明ができる放射線科医の姿に憧れがありました。ただ、その中で画像診断を理解して画像をベースに治療をするInterventionのほうがどちらかと言うと、心惹かれていったのは、間違い無いですね。そういった意味では、初めから画像診断よりInterventionです。

仲間 井上先生たちの世代って、“ 治療介入する放射線科”にすごく人気があった時代ではないかと。学生時代の先輩たちが、将来の道を決めるときに、これからは“低侵襲治療の時代”だと言って、放射線科、特にIVR医を目指していたのを、思い出します。しかし、最近は、割とそれぞれの診療科が、それぞれカテーテル治療を行うようなケースが多くなってきているかと思います。頭の病気であれば、脳神経外科。心血管系であれば、循環器内科、もしくは血管外科。お腹の領域であれば消化器外科、もしくは消化器内科が治療を行う場合もあるかと思います。その中で、放射線科の医師は、様々な診療科の先生と、どう差別化されるべきなのか。

井上 そうですね。放射線科の自分たちは、自分で患者をもっていませんし、何でもできるようにみえて、でも実際は…。放射線科に入って、IVR医として治療を行なっていくうちに、患者さんを、自分自身で診る重要性を非常に感じた部分はありました。
 そこで、患者さんを自分自身できちんと「診る」ということが、放射線科医としてInterventionを行ううえで絶対に必要だと考え、一年間、内科医として働きました。

仲間 実は、そのお話について、是非聞きたいと思っていました。

1年間の循環器内科への“丁稚奉公”!

井上 ある程度主体的に患者さんの治療を進めていくうえで、やはり、疾患や治療に対して、体系的な知識と経験が必要である、と感じました。医者になって10年経過した頃です。丁稚奉公のように、内科で一年間患者さんを診させてもらいました。
 それは非常にいい経験で、今の自分自身にとって、大きな財産になっています。実は、そのときに浮気心も少し見透かされて、“循環器内科にそのまま残れ”と、ラブコールを受けました。循環器内科をローテーションしている時に、冠動脈インターベンション(PCI)もさせてもらいました。もちろん、簡単な症例ですが。放射線科としてのInterventionに、もちろん誇りがありましたが、循環器の先生の非常に上手な心カテは、また別のもので、非常に楽しく学ばせていただきました。僕らの知らない技術がいっぱいあって、本当に楽しくて。一年間終わった後に、実はすごく悩みました。循環器内科に残る道もあるかと……結局は放射線科に戻りましたが、その経験が、今の自分にとって、本当に非常に生きています。

仲間 医師の世界って、本当に狭いですよね。一度専門の診療科を決めてしまうと、その中だけで、診療科の中だけの、すごく小さなコミュニティで生きていく事になる。沢山の人がいて、凄い人たちも沢山いるんだけど、やっぱり、閉ざされた世界です。僕がこの末梢血管の治療を始めたのが、それこそ医者になって10年も経たないくらいでしたが、循環器内科医から習って、循環器内科医として考え、循環器内科医として治療する。血管外科や放射線科の先生たちが先に当然されている治療ですが、当初は、他診療科の常識や、治療に対する考え方、方法を知る機会がありませんでした。幸い、末梢血管の治療という分野は、循環器内科だけではなく、他の診療科の先生も行う治療ですので、自ずと、先生たちのような、他科の先生たちと接する機会も増えてくる。そうした中で、放射線科の先生たちが行う治療の知識と技術の高さに、驚くこともありました。しかし、それもまた、「放射線科医」としての、技術であり、知識です。お互いがお互い、狭い世界で生きている…しかし、先生は違いますよね。循環器内科で学んだ、などの話に現れるように、放射線科医という皮を、完全に突き抜けている。そんな印象です。

井上 そうですね、僕らのいる世界は広いようで狭いです。僕も同様に、循環器内科を回ったことで、循環器内科のカテーテル技術のすごさを目の当たりにしました。

仲間 違う世界を実際に見ると、違う技術の存在を知り、その凄さがわかるかと思います。肌で感じる、というか。

井上 そうです。用いるデバイスも違うし。普段放射線科で使うデバイスと全く異なる。そんな世界に興味をもちました。そして、より進歩したい気持ちも強くなり、循環器内科医の会に、積極的に参加させていただくようになりました。僕が循環器内科の“末梢血管の会”に、初めて参加したときが、仲間先生との初めての出会いですね。

仲間 なるほど。あの会は、先生にとっても、初めての他診療科の会だったのですね。

井上 診療科の違いとは、実は大きな障壁ではないと思います。まさに知らなかった世界を教えてもらって、大感謝でした。循環器内科の先生もいろいろな方がいらっしゃいます。その中で、当然、上手な人の技術を見なければならない。当然、これはちょっとやり方が違うな、という時もある。そのときの経験がすべてよい経験として記憶されています。自分たちの常識や非常識がほかの診療科の先生たちが抱く常識や非常識と違うわけです。どちらがよいとか悪いとかじゃなくて。いろいろな考え方がある。それを学ぶのが、一番大事なことだと思います。

仲間 全てを糧にしながら、先生のIVR医としてのキャリアが蓄積されていったんですね。

続きはCATH LAB JIN春号(Vol.2 No2)で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です