【試し読み】新東京病院 長沼 亨先生INTERVIEW「新東京病院・長沼先生に聞く、循環器疾患治療の切り札、Structural Heart DiseaseInterventionの現在と未来」

長沼 亨
(新東京病院心臓内科)

 日々、循環器疾患の治療の最前線に立つ新東京病院の長沼 亨氏。ホットな領域の治療方法であるStructural Heart Disease Interventionを深く知る同氏に話を聞いた。これからの“Structure”と、TAVIやMitraClipの将来について忌憚のないご意見を伺った。循環器分野、カテーテルに興味をもつきっかけなど、話は多岐にわたり、循環器治療の最前線を走る医師の素顔が垣間見られるひとときとなった。

 

  

研修医時代の経験で整形外科から循環器内科へ

金子 ちょうど我々は平成16年、同じ年に卒業しまして、あの年というのはちょうど新臨床研修制度が始まった年で、いろいろ変化が多い年だったと思うのですけれども、長沼先生のこれまでのご略歴や、カテーテル治療を始めた経緯などお話しいただいてもよろしいでしょうか。

長沼 僕は広島県の庄原市という田舎町出身で、親父が臨床検査技師だったんです。地元の中学校を出て、広島市の修道高校に進学しました。高校から一人暮らしを始めたことで、精神的にかなり鍛えられました。実は高校生の時に新薬の開発に興味を持ったのが医師を志す最初のきっかけでした。平成16年に山口大学に入学したのですが、その当時、K-1という格闘技が流行っていました。高校で柔道、大学では極真空手をやっていて、いわゆる武道系でした。学生の時、リングドクターに憧れていましたので、スポーツ整形を専攻する道を考えていました。
 地元に帰るつもりもあったし、広島大学は整形外科が有名でしたので、広島大学の整形外科に入局するつもりでした。しかも、広島大学の先生がK-1のリングドクターをしていたんです。広島県内で整形外科の強い病院で、かつ新臨床研修制度の目的が救急全般を診ることだったので、救急の件数が多い病院という理由で、広島市立安佐市民病院を選びました。
 循環器内科に専攻を変えるきっかけは三つありました。一つ目は循環器内科で指導して下さった加藤雅也先生が、たまたまなんですけれども、僕の祖父が以前にAMIを発症した時の主治医だったんです。僕が加藤先生の下で初期研修中にその事実を知ったんです。「あの方のお孫さんですね」と。御縁ってあるなと思いました。
 二つ目は、精神科で研修中に、向精神薬を飲んでいた患者さんが僕の目の前で、QT延長からTorsades de pointesになったんですよね。いきなりVTになってびっくりするじゃないですか。その時に上級医を呼びながら、DCをかけたりアンビューを揉んだりしたと思うんですけれども、とりあえず自分しかいないので精一杯やった記憶があります。その時の経験で循環器に興味が湧きました。
 三つ目は、救急の多い病院だったのですが、基本産科以外は全科当直だったんですよね。そうすると内科系はもちろん、外科系も軽傷例は自分で処置しないといけないわけです。簡単な外科処置ができて、かつ蘇生処置もできるとなると、循環器医師が一番強いわけです。
 そういった上司との御縁やいろいろな症例を経験して、循環器に興味を持つようになり、外科系から循環器内科に希望の科を変えました。
 広島市立安佐市民病院では2年間の初期研修、その後3年間の後期研修、合計5年間お世話になりました。経食道心エコーなど一般循環器診療や、総合内科的なことについて一通り勉強させて頂きました。ただ、カテーテルインターベンション自体はそんなにアグレッシブではなくて、例えばCTO、LMT、Rotablatorなどは年に数例しかなく、若手がカテーテル治療をやらせてもらえるという事もありませんでした。卒後6年目の時に一度カテ病院で研修してみたいと思い、現在の新東京病院でお世話になることになったわけです。

留学先での課題は即日提出。英語が下手でも信頼を勝ちとる

金子 新東京病院にこられてからは、主にPCIをされていたんですか?

長沼 PCIだけでなく、末梢血管に対するEVTやペースメーカー植え込みなどもやりました。民間病院ですし、やる気があれば全てやることができました。僕の場合は、不整脈のアブレーション以外は全部やっていました。

金子 新東京病院には何年いて、留学されたんですか?

長沼 3年ですね。

金子 その3年の後に、Colombo先生のとこへ留学されるわけですが、先生はもともと留学されようと思っていたんですか?あるいは3年間いて、「よし、留学しよう」と思い立ったのでしょうか?

長沼 留学は本当に偶然というかタイミングが合っただけでした。そもそも新東京に行ったことが、国内留学みたいな感覚だったんですよね。なので、2年位いたらまた広島に戻るのかなという感覚でした。先に新東京病院からイタリアに留学していた高木先生の後に誰を行かせるか、という話になった時に、たまたま僕に声がかかりました。それで、自分が留学する1年程前からはそういう気持ちでやっていたという感じです。

金子 留学に際しては、Colombo先生以外のところの候補はあったんですか?

長沼 その時はもうほぼ決まりでした。実は他に心筋症専門の先生から声をかけてもらっていましたが、それはただ声がかかった程度でした。

金子 Colombo先生のところに行かれてからは、だいたいどんな留学生活をされていましたか。

長沼 僕がお世話になった時には、Colombo先生のプライベートフェローとして、基本的にはColombo先生のスケジュールに合わせて付いて動いていました。二つ病院があって、一つはSan Raffaele病院という大きな大学病院で1,000床以上ありました。もう一つはお金持ちが自費で手術を受けられるColumbus病院というところで、こちらは比較的小さい病院でした。基本は月曜から金曜が出勤日で、だいたい週に3日と2日ずつ、その二つの病院で仕事をしていました。希望すれば、手洗いをして手技を学ぶという選択肢もあったのですが、僕はリサーチ専門の道を選び、英語論文を書くことに集中しました。
 PCIの際には外回りの係で、日本人が得意なIVUS、OCTなど、向こうの先生たちがあまり慣れていないイメージングデバイスについて計測や解析を担当していました。あとはひたすらデータの収集、解析、Colombo先生のスライド作りとかですかね。そういった生活でした。

金子 先生のCVをあらためて拝見すると、すさまじい業績数であらためて驚きました。あれだけ留学先で論文を出すということは、やはり信頼関係を築いてデータをシェアしてもらってという大変なところがあると思うんですけれども、先生のそのあたりのご苦労やご努力など、先生のご経験を参考にしたい読者の方もいらっしゃると思うので教えていただけますか。

長沼 先生もご存知の通り、留学中って嫌なことがいっぱいあるじゃないですか。もちろん楽しいこともたくさんありましたが、特に最初の頃は本当に嫌なことが倍以上あった気がします。留学経験のある先生方はみなさん同じようにおっしゃっている気がします。 いろいろな国から優秀なフェローが来ていて、英語力だと敵わないんですよね。僕が心掛けたのは、Colombo先生ら上司から「1週間以内にこれをやって来なさい」と言われたら、必ず当日か翌日朝には完成させることでした。Colombo先生にお見せして、もし修正が必要であれば、それも必ず当日か翌朝には見せる。ボスが期待するよりも早く仕事を終わらせる、ということに徹しました。
 少々英語が下手であっても、例えば予めFigureなんかを作って準備しておけば、何とか言いたいことは通じます。一回信用してもらったら、また「Toru、これをやってくれ」となり、またその次も「お前がやれ」となり、その積み重ねでした。

金子 その後帰ってこられて、今は新東京病院で、メインの仕事はPCIをされてストラクチャー。いま両方されている感じですか?

長沼 新東京病院の働き方って割とフレキシブルです。僕は不整脈のアブレーションはやりませんが、もしPCIとアブレーションの両方をやりたい先生がいたら、それは可能だと思います。僕が実際やっているのは、PCI、末梢血管EVT、ストラクチャー、ペースメーカーです。元々は経食道心エコーも好きで自分でやっていたんですけれども、ちょっと最近は忙しいので、若手にやってもらっています。

金子 分かりました。これはストラクチャーの対談ということなので、これから少しストラクチャーのお話をさせていただきます。先生は留学から帰ってこられたのが2014年ですか。そうすると日本でもTAVIが始まって2年3年たったところだと思うんですけれども、TAVIがちょうど今、日本に入って5年少し経って、今の日本でのTAVIの状況とか今後の見通しなどがあれば教えてください。

長沼 やはり日本の特徴は、施設数が多いことです。今後、症例数が極端に少ない施設と、どんどん増えていく施設に二分化していくと思います。TAVI以外の心臓病の患者さんも集まって拡大していくセンターと、循環器部門を縮小せざるを得ない施設が出てくるんじゃないでしょうか。集患できない施設では、なかなか設備投資も難しくなっていくでしょう。
 それから、日本には透析患者さんが多いので、今後透析患者さんに対するTAVIの保険が認められれば、このストラクチャー領域の後進国である日本から発信できるオリジナルデータになるのかなと思いますね。

続きはCATH LAB JIN春号(Vol.2 No.2)で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です