PSP、肺結節表示 AI 販売に関するプラスマン合同会社との 協業について

 PSP(株)以下(PSP)は、 プラスマン合同会社(以下プラスマン) と肺結節表示 AI の販売に関し協業することを発表する。

 肺結節表示AI「Plus.Lung.Nodule(プラスラングノジュール)」は、プラスマンの開発した肺の関心領域を表示する機能をもつ医療機器プログラムである。CT検査で得られた画像におけるCT値に基づき、最大径3cm以下の円形または紡錘形、あるいは辺縁不整な吸収値上昇領域(関心領域)を表示することで、結節影等の関心領域の視認性向上を図る。PSPは、国内1000 施設以上の医療機関に医用画像管理システム(PACS)「EV Insite net(イーヴイインサイトネット)」の販売実績をもつシステムベンダーだ。 Plus.Lung.Noduleとの連携により、AIプログラムの解析結果をPACSビューアー上に表示し、医師の診断を支援する。


 1施設目として、三重大学医学部附属病院へ納入した。同院中央放射線部部長佐久間肇教授ご協力のもと、PSPとプラスマン、さらにENTORRES(株)との連携により、全てのCT検査について解析を実施している。
 今後もPSP は最新の技術との融合により、快適な画像診断環境の構築に寄与していきたいと考えている。

●お問い合わせ
株式会社PSP
URL:www.psp.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です