シーメンス「ARTIS pheno」 As individual as your patients

治療を受ける患者は体格も症状も人それぞれ。当然求められる要求も患者ごとに違ってくる。超高齢化社会を迎え、患者の数は増加し、その多様化が進む中で、ARTIS phenoは誕生した。低被ばくと高画質はもちろん、さまざまな患者に対応するフレキシビリティとスマートな操作性、そして床置き式アームならではの高い清浄度と手術室内の柔軟なレイアウトが、術者にも快適な手術環境を提供する。

どんな患者にも無理なくフィット

Patients come in all shapes and sizes

Cアーム内フリースペース確保

最大SID(X線焦点-FD間距離)を130cmに広げたことでCアーム内のフリースペースを95.5cmに拡大。患者へのアクセス性や、器具操作のための作業スペースを確保し、安全・確実・迅速な手技をサポートする。

複雑な手技を行うための十分なスペース

広いCアーム内径により、手台やヘッドクランプなどのアクセサリがあっても容易に患者のセットアップを行うことができる。さらに、より深い角度での透視・撮影が可能になる。

患者耐荷重280kg

専用設計された4方向傾斜機能付テーブルは、患者体重280 kgまで対応、さらに心肺蘇生時には+60 kgの耐荷重を有する。

バーチャルフローティングテーブルトップ採用

パワーアシスト機能付のテーブルトップは、傾斜の有無や患者の体格に関係なく、スムーズなフローティングを実現。

アイソセンター可変機構FIS搭載

FIS(Flexible Isocenter System)により、頭尾・左右方向傾斜にもアームが自動追従。テーブルの傾斜角度によらず、常にアームの投影方向や患者-FD間の距離をキープする。

他社製手術台との連動

Trumpf 社とMaquet 社が提供する手術台と組み合わせることが可能*1。

*1 一部非対応の手術台もあり。

より低被ばく、高画質に。さらに操作がシンプルに

High Quality. High performance


低被ばく、高精細高感度「zen40HDRディテクタ」を採用。低被ばくで高精細・高画質画像を提供する。

新テーブルサイドコントローラ

より快適に、より使いやすいユーザーインターフェイスへと進化した。「Touch2Move」テクノロジーが誤操作を防ぐ。

操作室をシンプル化

操作室内の画像情報は大画面モニタ1台に集約。操作時の視線移動を少なくし、作業を効率化する。

感染リスクを大きく低減

抗菌・防水加工

スムーズな表面の抗菌加工カバーは掃除もしやすく、さらにカバー間の隙間をなくすことで、液体が装置内部に入り込みにくい設計となっている。

ケーブルレスな床置き式装置

アーム支持装置外部に出ていたケーブルを極力なくし、天井に設置されるケーブルがないため、より清潔な術野を保つことが可能。

●お問い合わせ
シーメンスヘルスケア㈱
URL: https://www.healthcare.siemens.co.jp